一般社団法人 日本占術協会とは

一般社団法人日本占術協会は、1973年に発足した日本有数の占術家団体です。
洋の東西を問わず、さまざまな占術を修得したプロフェッショナルの占術家、全国500名余りが登録しています。
占術家の資質の向上、また運命学の正しい理解と普及のために活動している、非営利団体です。



概要

名称 一般社団法人 日本占術協会
所在地 〒162-0822 東京都新宿区下宮比町2-28 飯田橋ハイタウン403号
Tel:03-5225-0595 Fax:03-5225-0596
事務受付時間 月~金 10:00-17:00 土日祝日休み
創立 1973年
会員数 500名(本会員のみ)
目的 日本及び海外の占術の学術研究と、その普及並びに会員相互の親睦を図り、高度な占術の進歩と発展の為に必要な事業を行うことを目的としています。
事業
占術に関する学術進歩のための、日本及び海外の学術的各種研究会、シンポジウム、世界占いの日記念行事、講習会。
「九星開運暦」(ハート出版)など各種出版に関すること。
展覧会・展示会をはじめ、マスコミ関係その他との協力による各種企画の推進。
認定占術士の資格認定。
占術研修士の認定。
その他の事業。

(五十音順)

会長 福田有宵
副会長 エミール・シェラザード
専務理事 佐藤宗眩/藤 瑛梨賀
常務理事 アイラ・アリス/栗原里央子/野路さくら/美園環希
事務総局長 半田晴詠
常任理事 今宮 由睎/後藤青衣山/ 泰 承苑(兼大阪支部長)/濱野 延珠/ 肥留川喜聖/フェニックス・ノア/星美友己/前田龍徳/ 巳幸万祐/モナ・カサンドラ
理事 秋山勉登務/朝風かおる/上田享矢/ 川﨑有紗(兼群馬支部長)/久保田恵都予/乾 象/ サン・レミー杉/ ステラ・ボンボヤージュ/ 田辺山陽(兼東海支部長)/つちや郁子/巾 聖加/ 二見眞有/ 牧野朱扇/マダムベーラ・モンテ/松岡能子/ みほし朱夏/山本楓花(兼京都支部長)
監査 安芸実/稻葉行哉/エミリイ・グレース怜奈
名誉会長 浅野八郎
最高顧問 富塚崇史
顧問 井上陽姿子/牧野有峰
相談役 伊藤璃香/小月那央美/小山眞樹代/清水誠/杉本蘭華/峰阿弓美
参与 秋山勉唯絵/田中恵祥/前田真佑/宮本靜妙/吉田侑加

日本占術協会のあゆみ

昭和48年 前身である日本占術協議会発足
昭和49年 11月22日 日本占術協会創立
会長 浅野八郎  副会長 大熊茅楊
昭和50年 9月 『運勢暦』(現在の『九星開運暦』)初発刊
昭和51年 4月 会報創刊号発行
昭和51年 7月 支部発足
大阪支部、京都支部、東海支部、福島支部(現在廃止)、仙台支部(現在廃止)、茨城支部(現在廃止)、千葉支部(現在廃止)、神奈川支部(現在廃止)、北海道支部(現在廃止)
昭和54年 2月 日本占術協会会章決定
昭和54年 8月5日 ホテルグランドパレスにて第1回シンポジウム開催。講師18名。
以降毎年開催
昭和57年 9月 栃木支部発足
昭和58年 6月 九州支部発足
昭和59年 6月 10周年記念総会にて協会旗作製披露
昭和62年 9月 『運勢暦』を『九星開運暦』にタイトル変更
平成2年 9月 『九星開運暦』ハート出版より発行。現在に至る
平成3年 7月 実業之日本社より『世界占術大事典』刊行
平成4年 11月 支部名称変更
栃木支部→北関東支部、茨城支部→常磐支部(現在廃止)、九州支部→北九州支部
南九州支部発足(現在休止)
平成6年 6月5日 副会長 大熊茅楊逝去
平成7年 6月 副会長に福田有宵就任
平成9年 6月 副会長にルネ・ヴァン・ダール・ワタナベ就任
平成10年 3月 第1回「占術士」(現認定占術士)認定試験実施。
総会にて占術士の証と楯を授与
平成10年 9月6日 ホテルグランドパレスにて創立25周年式典開催
平成11年 9月9日を「世界占いの日」に制定
平成12年 6月 広島支部発足
平成13年 6月 副会長に平田敦士就任
平成15年 6月 副会長 平田敦士退任
平成15年 6月 副会長に金子周敬就任
平成15年 10月5日 大阪国際会議場にて第1回「占い全日協の集い」開催
(日本占術協会、社団法人日本易学連合会、東洋運勢学会が中心となり、全日本運命学会連絡協議会を発足)
平成16年 9月2日 副会長 金子周敬逝去
平成18年 6月 副会長に富塚崇史就任
平成19年 6月 群馬支部発足
平成23年 11月22日 副会長 ルネ・ヴァン・ダール・ワタナベ逝去
平成25年 6月 副会長に井上陽姿子就任
平成26年 12月22日 一般社団法人日本占術協会設立
会長 浅野八郎が名誉会長に就任
会長代行 福田有宵が会長に就任

入会について

入会には、原則として協会員による紹介が必要です。
協会員を通じ、入会手続をとって下さい。
紹介者のいない場合は、また詳細につきましては、事務局までお問い合わせ下さい。

活動内容

  • 資格認定制度(占術研修士)(認定占術士)    詳細へ
  • 認定教室制度
  • ボランティア活動
  • 普及啓発イベント

    ・シンポジウム
    ・世界占いの日    詳細へ
    ・講習会


TOP