協会の資格制度

認定占術士とは

認定占術士とは、正しい運命学の研究と占術の実践により、福祉社会の発展に貢献している方に対し、一般社団法人日本占術協会が審査の上授与する資格です。

<受験資格>
日本占術協会に5年以上在籍し(占術研修士証を取得した方は3年以上)、引き続き現在まで会員である方。 本部役員または支部長、副支部長による推薦が必要です。
<認定占術士申請の流れ>
本部役員または支部長、副支部長を通じ、資格審査申請書、住民票のコピー、履歴書、占術経歴書、小論文を協会へ提出。申請と同時に、受験料1万円をお振込ください。
書類、論文合格者には筆記試験のお知らせをいたします。
筆記試験合格者には面接のご案内をいたします。
後日、協会より合否の通知をいたします。
全ての試験に合格後、認定料5万円をお支払いください。
合格者は、一般社団法人日本占術協会定時総会において授与式を行います。

※認定占術士は、5年ごとに更新が必要です。
 更新料は5千円です。

平成29年度の応募は締め切りました。
平成30年度の募集は、平成29年11月頃の予定です。


占術研修士とは

占術研修士とは、一般社団法人日本占術協会が、会員が主宰する学校または教室において初等、中等科を3年以上学習した方を対象に、審査の末授与する呼称です。
 運命学初学者の、さらなる研究、研鑽を奨励することを目的としています。
「占術研修士」の呼称を用いての商業活動を認めるものではありません。

<占術研修士申請の流れ>
教室主宰者である協会員を通じ、申請書、履歴書、身分証明証、レポートを協会へ提出。
後日、協会より教室主宰者とご本人へ合否通知をいたします。
合格後、申請料2万円をお支払いください。
合格者には、一般社団法人日本占術協会定時総会において占術研修士証を授与いたします。

※占術研修士の有効期間は3年です。
 失効の3か月前までに更新手続きをすることにより、2回まで期間を延長することができます(延長期間は各3年、更新料は各8千円です)。

<占術研修士の特典>
  • 日本占術協会へ入会の際は、入会金が免除されます。
  • 研修士有効期間中は、3年間を限度とし、日本占術協会会報を送付します。
  • 「シンポジウム」、「世界占いの日」ほか、日本占術協会が主催する行事に基本的に参加できます。
  • 「認定占術士」を受験するには、通常入会後5年以上経過していることが条件ですが、「占術研修士」を取得している場合、入会後3年で受験資格が得られます。

平成29年度の応募は締め切りました。
平成30年度の募集は、平成30年1月頃の予定です。


TOP